負の連鎖はここで断ち切るけど…。

流山でトイレリフォームの仕事をしていましたが自分は強く生きてきました。15歳から約20年間。仕事場でイジメにもたえたし戦いました。毒母からの精神的、肉体的、独裁的思考に振り回されたし義母からの精神的イジメ(本人は自覚してません)にも今現在、戦ってます。そして今は近所の人に押し付けられた子供会の役員もこなし(いつの間にか子供会に勝手に名前を書かれてました)「子供会の仕事があるから1年待ってください」と言ったにもかかわらず問答無用でやらされた自治会の仕事も現在進行中。夫は仕事が遅く、ワンオペ育児です。3人の子育ては朝、お弁当をつくり子供達を小学校や幼稚園に送り出し一番下の子は自宅にて育児。昼、食事を食べさせ2時には子供を迎えに行き、夜は1人で食事を食べさせ、お風呂に入れ、寝かしつけです。夫は子供がいようと食事をつくらないので私が出掛ける時も必ず食事をつくらないとコンビニ食やカップ麺ですませてしまうので必ず用意しなければならず私が忙しくても何もしません。ですが、もっともっと大変な方がいます。夫を亡くされて1人で3人も子育てされてる方、両親とも他界されて助けがなく子育てされてる方、なかなか子宝に恵まれなく妊活で苦労されてる方、内容は違えど苦労されてる方は沢山いらっしゃいます。その中で自分の苦労は、はかれませんが、こんな事で不眠になったり毎日、頭で考えてしまったり妹に毎日、愚痴ったり本当に弱い人間だなぁと思ってしまいます。逃げたい、本当に逃げたい。でも子供達に非はありません。また同じ思いをさせてしまっては負の連鎖が続くだけです。でも「あの時、夫を選ばず他の人を選んでいれば」と考えずにはいられません。子供達を産んだ事の後悔は一切ありません。ですがこんな考えてをしてしまってる自分に情けなさと弱さを感じられずにはいられません。

ありのままの私を好きになりたい

もともと私は幼い頃から引っ込み思案な性格でした。人の顔色をうかがいながら話をしてしまう癖があり、そのせいてうまく会話が弾まないことなどしょっちゅうです。そんな私でも結婚をし、二人の子供に恵まれてこれから穏やかな生活を送ることができるんだと安心していました。しかし子供大きくなるにつれ、保育園での保護者間の関係や小学校でのPTA活動など様々な壁が立ちはだかりました。周りの保護者のみんなはうまい具合に話し合いを行っているのに対し、私は元来の性格含め子供を巻き込んだこの活動にさらに臆病になってしまい、一言も話さず話し合いを終えることが多々ありました。主人や自分の両親にもこのことで悩んでいると相談はしましたが、帰ってくるアドバイスは気にするな、自分が思っているほど相手はそこまで考えてないよというものでした。いや、気にしなくてもいいなら最初からそうしてる!と私は少し自暴自棄になっていたと思います。その逆に気にしない気にしないと自分に言い聞かせ挑んだときもありました。が、結果は変わらずです。人はそう簡単には変わることはできません。変わる努力をしてもそれが必ずいい方向にいくともかぎりません。むしろ頑張りすぎて空回りしてしまい、落ち込んでしまうなんてこともあります。それから私は無理をしないことに決めました。私らしくないことをして自分の首を絞めるくらいなら、ありのままの私でいよう、その過程でお役に立てそうなことがあったらその時は勇気を出してみようと思いました。変われる勇気がない私は弱いなと思いましたが、これが私なんだと受け入れることで少し自分を好きになれた気がします。